選手がブレイクしてくれるのはいいことだ。

この前、「モエモエ」と言う記事を聞いた。

8520003741_9be401d6e4


cee087843f5e40aaa1554d84c5c8bf62


遠井萌仁選手と佐々木萌選手。
二人はともに活躍中。

遠井選手と同い年の位田愛選手も目下活躍中。

ph19_130929


やはり、刺激にはなるだろう。

“あいつが頑張るなら、私も”
そういう心理は、多少なりともあるかもしれない。

相乗効果という奴だ。

全ては、本人が頑張った成果があればこそ。
世の中は、結果を出した人間が称賛されないとダメだ。

だから、実際は取り上げたくても出来ない選手というのは多い。
そこは公平に。

ブロガーとしては、比較的早い段階からプッシュしていた選手がブレイクするのは嬉しい。
何だか遠くへ行ってしまうような心持ちもあるが
ひな鳥を巣立たせる親鳥の心境。


ただ、ブログに取り上げる場合、過去に結果を出している人間は別だ。
世の中には実績というものがある。
評価は過去の分も込みで行われる。

会社の仕組みというのがそうだ。

功労者というのがいる。
例えば、現在が第一線からかけ離れていたとしても
その功績やノウハウは貴重だ。

それが特に、引退後とかに他の選手で継承されていくものであれば、尚の事。

先日、岡山シーガルズの吉田みなみ選手がプレイングマネージャーに就任したが、
チャンスがあれば、挑んで貰えばいい。

a0095498_20454124


今は女性の時代。
女性は横のつながりを大切にする。

コーチが女性の場合、同性同士だから、より親密になりやすく、困った時に相談に乗ってくれる。

何より、高い技術を習得している選手のノウハウは継承されるべきだ。
だが、結果を出した選手だからと言って、指導が必ず上手な訳ではない。

それとこれとは、また別な話。

また、チームの潤滑油というか、監督と選手の間を取り持つ人がいると、一時が万事、円満に収まる場合もある。

例えば、東レの中道瞳コーチ。

彼女は東レのレギュラーセッターとして長らく活躍した。

1b854590

引退後、アシスタントコーチを経て、現在はコーチに昇格。
ミチさんと東レのメンバーがくつろいでいるのを見ると、何だか安心する。

特にこれから、2年後のプロリーグともなると、各チームとも
選手は勿論、コーチも含む、出来るだけ優秀な人材が欲しい筈。

今年の優勝を狙うチーム、2年後を目指すチーム
事情は様々。

だが、目指すものが「勝利」という二文字であることは、変わりない。