さすがに珍しい現地観戦となったので、本当に夜話となってしまいました(笑)

年間に両手で余るぐらいしか観戦しないのでご勘弁を。


たった3試合、されど3試合。
色々なことがありました。

やはり直接見ると気づくことが沢山あります。

まず、東レvsPFU。

木村美里選手が大きな声を出してチームを鼓舞していたのが印象的でした。やはり木村、迫田選手の仕上がりがまだまだですね。体が切れてないという感じがします。決めきれない場面も多かったですし、あんなものじゃないです。 これから上がってくるとは思いますが、エンジン掛かるのに時間が掛かるかもしれないです。

image




PFUは江畑、三橋、吉里選手が良かったです。嬉しい開幕白星、良かったですね。すぐ横に坂下麻衣子さんがスーツ姿で喜んでいました。これまでチームのために主将として粉骨砕身してきただけに喜びもひとしおでしょう。
おめでとうございます。

image



トヨタ車体とJTとの試合に関しては、体制が固まって充実期に入っていくチームと、まだ組織が出来上がっていないチームとの差が露骨に出ました。ラヒモワ選手も完封され、完敗でした。現時点ではJTのほうが一枚も二枚も上というところでしょう。

image


image


ただし、トヨタ車体は陣容が揃っており、体制が固まってくれば侮れないチームです。高橋沙織選手をミドルのポジションに入れ、形式的にMB1を試すなど、新しい試みをしてますが、多彩な攻撃を誇るJTには叶いませんでした。
まずは厳しい序盤をどう乗り切るかでしょう。



NECと岡山ですが、作戦勝ちと言いますか、チームの熟練度、粘り強さ、そして采配もズバリとハマった見事な勝利でした。
下馬評では今年のNECは戦力的にも充実し優勝候補の一角と見ていましたが、岡山はしてやったりといったところでしょう。
特に佐々木選手のレフトからのインナーを攻めるクロススパイクやレフティの泉選手、大楠選手など新戦力も機能。古賀選手を攻め、攻撃力を削るなど作戦勝ちと言えます。セオリー通りですが、守りも固く、最後は山口選手や川島選手を投入する念の入れようや、手の内が読まれてくると川畑(愛)選手を投入したり、要所のタイムアウトなどズバリ的中しました。

image


image


良くない時の岡山は動きすぎて裏目に出るケースがありますが、今日はズバリでした。

お見事です。


また、嬉しい復帰と怖い出来事もありました。

まず、狩野舞子選手と井上琴絵選手の復帰です。

image


狩野選手を再びVプレミアリーグのコートで見られるとは思っても見ませんでしたので感慨深いものがありました。
まだ練習量が全然足りておらず、スタメンという訳には行きませんが、ピンチサーバーで登場し、大声援を受けていました。

まだ先は長いです。じっくり仕上げて欲しいです。

image


そして、井上琴絵選手。昨年はキャプテンながらコートへ立つことが出来ず、久々のVプレミアリーグのコートへ帰ってきました。

故障箇所も癒え、スタメン復帰を果たしました。

「ああ、帰ってきたんだな」との思いがありました。元気なところを見せてくれました。これからが楽しみです。


image


そして、冷や汗をかいたのが江畑選手の転倒です。見た瞬間2年前の悪夢が甦り、「せっかく元気になったのになんてことを…」と言葉を失いました。心配した木村、迫田選手も駆け寄り、抱えられて退場する憂き目に遭いましたが、幸いなことに歩いている姿を見たので大事には至らなかったようで何よりです。

各選手ともにくれぐれも怪我のないことを祈っています。



監督も十人十色。

結構ピリピリしていたのが、東レの菅野監督。

常にスタンディングのPFU・寺廻監督とトヨタ車体・多治見監督。そして、NEC・山田監督。

リップサービスさながらの岡山・河本監督。

そして、戦局を静観しているJT・吉原監督。

結構違うものだと実感しました。

image


image


image


image


image


image