今年の日立リヴァーレのテーマをつけるとしたら、ズバリ「チャレンジ」だ。

image


実はこのキーワード、JTマーヴェラスの吉原監督も同じ言葉を残している。

来季は昨年と2チーム入れ替わっている。
監督も2チーム入れ替わっている。

昨年までと同じではない。


日立リヴァーレは、全日本経験もある大型セッター、佐藤美弥選手が来季のキャプテン。

image


image


image


今年、セカンドセッターとして下平夏奈選手を迎え入れた。これまでレギュラークラスの活躍をしたことはないが、サージェントジャンプ83cm、最高到達点3m3cmと全日本代表選手並みの極めて高い身体能力を誇る。また、チーム期待の大型セッターとして小野寺友香選手もいる。これら次を伺うセッターにとってもチャンスの年でもある。


サイドアタッカーについても、遠井、内瀬戸、そして渡邊選手が今年もレギュラーを固めていくだろう。

image


012_04


image


ただ、佐々木美麗選手が退団し、昨年までと同じという訳にはいかない。

サマーリーグでは栗原恵選手が元気なところを見せていたが、若手選手も黙ってはいられない。入団2年目の間橋香織選手、そして先のアジアカップでも活躍した長内美和子選手も虎視眈々と次のレギュラーを狙う。

image


長いシーズンを闘うには、控え層の充実が必要不可欠。

同様にミドル陣もそう。
恐らくジャクソン・カースティ選手、井上奈々朱選手がレギュラーを固めていくだろうが、他の選手にとってもチャンス。

image


11378119_1599343263677883_2137812314_n


CJJX05_UkAA2VLw


勝負どころのピンチサーバーでもある引地舞選手、大型ミドルの須藤みゆき選手、東原枝里選手、愛宕諒子選手、吉賀舞波選手たちにとっても、そろそろチャンスを掴みたい一年だ。

リベロも同様。
佐藤あり紗選手の後を伺う斎田杏選手、小池杏菜選手も出場機会を増やしたい。

CtAqxNBVUAAOlzp


img_4


勝てるチームというのは出場する選手が全員活躍する。そうした意味でもレギュラー陣の充実とともに全体の底上げも課題。

後は如何にしてチームを起動に乗せるか。
ここが最も重要だ。

チームが標榜する超高速コンビバレー。
此処が昨年の日立の躍進の秘訣だった。
今年はパオリニ選手に変わりジャクソン選手が加わる。新コンビをなるべく早く起動に乗せたい。

そして、的確な戦力分析と、自チームをいち早く起動に乗せることが肝要であろう。

B6MJMuaCEAEf-z6



この2年のVリーグを見る限り、リーグを通じて体制が上向きになるチームが強い。
一昨年のNEC然り、昨年の日立然り。

ただ連覇を狙ったNECは開幕から故障者が続出
。中々チームが起動に乗らず、エンジンが掛かったのはファイナル6。3勝2敗とまずまずの結果だったがいかんせん、起動に乗るのが遅かった。

そういう意味では、年間を通じて故障が少ないことが条件となろう。


あれこれ言っても、一度に全てが満たされる訳ではない。
自チームの中で何が一番重要なのか、順序付けして一つ一つクリアしていったチームが最終的に生き残る。そんな気がする。


まずは初戦、昨年のファイナルを争った久光と因縁の顔合わせ。レギュラーラウンドでは全勝と相性の良いチームだが、対策は練ってきているだろう。ただ、心理的に優位である点からも、相手の虚をついて攻めたい。

まずはこの一戦から。

来季は激しいシーズンとなりそうだが、怪我なく元気にシーズンを乗り切って貰いたい。

そして、悲願の優勝へ。活躍を期待している。