どうもこのところ、バレー界がバタバタしている。

本来であれば、全日本女子バレーボールチームに関する話題はこのブログが管轄ではない。だが、あくまで「見通し」ということなので、ご了承頂きたい。


今朝、こんな記事が賑わした。

〜【バレー】中田久美氏、女子日本代表監督就任へ!久光でリーグ3度、全日本4度V

バレーボール女子日本代表を12年ロンドン五輪銅メダルに導いた眞鍋政義監督(53)が退任し、後任に元代表セッターでプレミアリーグの久光製薬を率いる中田久美氏(51)が就任する見通しであることが12日、分かった。20年東京五輪を視野に入れた人選で女性監督としては82年の生沼スミエ以来、五輪で指揮を執れば初となる。

 日本協会は先日の女子強化委員会で真鍋監督の退任に伴う次期監督選びで候補を中田氏に一本化することを決めたという。25日の理事会で正式決定する。就任時期は未定。

 中田氏は長く代表の中心選手を務め、84年ロサンゼルス五輪は銅。12年から久光製薬の指揮を執り、プレミアリーグを3度、全日本選手権は4度制した。

 男子代表監督はプレミアリーグ、堺の監督を務めた中垣内祐一氏(48)を軸に調整が進んでいるが、南部正司監督(49)が留任する可能性もある。 〜


木村沙織選手の引退発表から2日も経っていない最中での中田久美さんの監督就任「へ」。

image


image



これは推察でしかないが、この二つの動きは連動しているように見られる。

というのも、前々から述べているように全日本女子バレーボールチームの監督人事は今後の体制込みの話。

全日本キャプテンである木村選手の去就次第で今後の全日本の方向性も変わってくる。だとしたら、先日の木村選手の引退報道と今回の中田久美監督就任へ、の話はリンクしているように思える。

どちらも「正式発表」ではなく、フライングしている情報。今回の中田久美監督就任の話も、木村沙織選手引退についても、いずれ正式発表があるだろう。

特に全日本の監督人事に関しては、初めから25日の日本バレーボール協会の理事会で決められることは予め決定済み。

木村選手の去就も、本来はリーグと全日本の監督人事が決まったあとの話と聞いている。

ここに来て二つの「IF」のフライングは、いささか先走り感は否めない。

今のバレー界はいささか、事を急ぎすぎている。プロリーグ化もそのひとつ。

或いは近い将来に向けてのワンクッション的な事前予告 、そう取れなくもない。

いずれにしても、木村選手の引退と中田久美さんの全日本新監督就任、この二つの話題は、まだ正式発表を避けており、そのいずれもが「IF」でしかない。

もう、ここまで来ると「果報は寝て待て」としか言いようがない。

ただ、心配事はひとつ。
急進的過ぎるように映る今のバレー界。

急いては事を仕損じるとも言う。
後はどこまで基盤をしっかり固められるか。
また、ファンの気持ちをおざなりにしていないか?

どこまで裾野を広げられるか?
まだ、現時点では「IF」でしかない。