彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

更新情報

このところ、連日春高の特集を組んでいるが、調べていく過程で改めて思うことは、やはり180cmを超えるアスリートが稀有で、更に最高到達点が300cmを超える選手はかなり少ないということが分かる。両方兼ね備え、かつバレーボールの技量も高い選手はまさに、エリートアスリー
『バレーボール夜話 Vol.426 奇跡の配合』の画像

新年明けましておめでとうございます。昨年10月からスタートいたしました「彼女はバレーボーラー」も無事、実質初年度を終えることが出来ました。当ブログは年間で170万アクセスに到達。初年度としては上々のスタートを切ることが出来ました。また、同じくスタートした「全日
『Weekly Volleyball 特集:新春だ、バレーだ、春高だ!② 北陸、東海、関西、中国編 / サオリンの今、そして未来』の画像

毎年、年末は写真に歌詞を交えて終わっていた感があります。皆様にとって2017年はどんな年でしたか?今年はバレーボールの世界では、変革の一年だったと思います。このブログは2016/17Vリーグシーズンに併せてスタートしましたので創設して1年3ヶ月経ちます。スタート当時は
『バレーボール夜話 Vol.425 ゆく一年、来る一年』の画像

お見苦しいところをお見せして、申し訳ありませんでした。 不正ブログには負けません。  応援、宜しくお願いします。いよいよ、今年も春高バレーが目前に迫って来ました。大会名:ジャパネット杯 春の高校バレー第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会会場:東京体育
『Weekly Volleyball 特集:新春だ、バレーだ、春高だ!① 北海道、東北、関東、甲信越編』の画像

いよいよ年の瀬も迫ってきました。今日は帰省ラッシュのピークで、かなりの混雑だとのことです。普段、故郷から離れている人も、そうでない人も、つかの間の休息を取る年末です。また、年末はどこへ行っても混雑します。ガソリンスタンドも、洗車場も、コインランドリーも混
『バレーボール夜話 Vol.424 来年のバレー界』の画像

天皇杯・皇后杯は年間でも数少ない応援歌の流れない大会である。黒鷲旗大会では普通に応援歌が流れるので、妙に新鮮だったりする。その昔、日米野球も同様で、応援歌もなく一挙一動に固唾をのんで見守るシーンが見受けられ、まるでMLBのようだった。 MLBはプレイ中は静かに
『Weekly Volleyball別冊 思わずノリノリ、応援歌特集』の画像

ようやくこちらも今日で仕事納めです。既に休みに入っている方も含め、お疲れ様でした。勿論、正月も仕事の方もいます。接客業とかだと正月も普通に仕事しますので、まとまった休みが中々取れず、ハードですが、頑張って下さい。こうして毎日記事を書き続けてますが、今にし
『バレーボール夜話 Vol.423 笑顔』の画像

平成生まれ以降の方は、天皇陛下が崩御された日のことを知らないことだろう。その日は天皇陛下に関する放送一色となり、それ以外のテレビ番組はほとんどなく、大相撲も懸賞金は自粛。この時、日本がはじめて、どういう国なのかを理解する日なのかもしれない。平成の年号は31
『バレートーーク!⑨ 観戦あるあるトーク②』の画像

昨日はオールスター戦の中間発表があった。となると、その次に来るもの、と言えば…。全日本、だ。高校、大学のトップクラス。そして、Vリーグのトッププレイヤーはこれより前後の時期は意識するだろう。全日本は日本中のトップバレーボーラーが目指す聖地。誰もが日の丸を背
『バレーボール夜話 Vol.422 そろそろ見える、全日本の尻尾』の画像

連日トリプルヘッダーを勝ち抜いた精鋭4都道府県のチームの皆様、お疲れ様です。前から思っていることのひとつとして、何故バレーボールはこれほどまでにタイトなスケジュールなのだろうか?野球やサッカーは広大な敷地と設備が必要なので、各チーム1日1試合と言うのは分か
『Weekly Volleyball増刊 全国都道府県対抗中学大会トーナメント一回戦〜 / 特集:二世プレイヤー』の画像

取り合えず出ましたね。オールスター戦・中間発表。 それぞれのご贔屓の選手がいますので、こうした発表は悲喜こもごもなのですが、とりあえず、の順位です。 まず、プレミアから行ってみましょう。  セッターは佐藤美弥選手がトップで、今のところダントツです。 全日
『バレーボール夜話 Vol.421 オールスター戦・中間発表』の画像

全中こと全国都道府県対抗中学大会が昨日、グループ戦を終え、今日は一気に三回戦まで執り行うハードスケジュール。寒い中なので、くれぐれも怪我のないよう、アップも入念に、ケアもしっかり頑張って下さい。本大会はJOCジュニアオリンピックカップとして次世代を担うバレー
『Weekly Volleyball増刊 全国都道府県対抗中学大会トーナメント一回戦〜 / 特集:年始以降』の画像

全中はまだ、試合が続いているようですね。遅くまでお疲れ様です。最も体力があって回復も早い中学生ですから、少しぐらいは平気かもしれませんが、親御さんは心配ですね。仕事の帰りで駅を通りますが、夜10時過ぎまで塾通いの子供たちを良く見かけます。正直、ここまで勉強
『バレーボール夜話 Vol.420 大局観』の画像

天皇杯・皇后杯がトヨタ車体の優勝で幕を閉じた中、次なる日本一は中学、高校日本一。年明けの春高を前に、全中こと全国都道府県対抗中学大会が本日より開幕(昨日は開幕式のみ)します。本大会はJOCジュニアオリンピックカップとして次世代を担うバレーボール選手を育成する目
『Weekly Volleyball増刊 全国都道府県対抗中学大会 / 特集:男女格差』の画像

ひふみんこと元将棋指しの加藤一二三さんが、まさかこんな形で人気を博すとは夢にも思いませんでした。 将棋が多少詳しい方ならば知っているかもしれませんが、この方はかなりせっかちな方で、将棋を指す時も音を激しく、思いっきり立てる方で、棋風は棒銀を得意とした攻め
『バレーボール夜話 Vol.419 竜頭蛇尾』の画像

トヨタ車体の劇的なフルセット優勝の余韻が覚めやらぬ中ではあるが、各チームはこれより、来年に向けて準備が始まっている。天皇杯・皇后杯は日本一を決める大会であるが、同時に来年に向けてのテストの兼ね合いもある大会である。昨年は日立リヴァーレが年内最終戦で久光を
『思うことを自由に綴ってみる⑱ 〜大反抗作戦へのラストチャンス①〜 / Vリーグ新名称とチーム分け決定。』の画像

まだ帰りの途中なので、試合詳細の更新は後程にして、まずはトヨタ車体クインシーズの皆様、並びにファンの皆様、天皇杯・皇后杯、優勝おめでとうございます。会場応援によるフルセット率の高い筆者が観戦のため(?)、やはりフルセットにもつれ込みましたが、正直、全くの互
『バレーボール夜話 Vol.419 白熱の攻防戦』の画像

いよいよ天皇杯・皇后杯も大詰め。このシチュエーションで、何故か、このセリフを思い出した。「数多の英霊達の死が無駄死にでなかった事の証のために(中略)、ソロモンよ私は、帰って来た」これは機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリーに出てくる、義に生きる男、アナベ
『Weekly Volleyball 天皇杯・皇后杯 決勝戦』の画像

何はともあれ、天皇杯・皇后杯、ファイナリストに名を連ねたトヨタ車体クインシーズ、並びにデンソーエアリービーズの皆様、並びにファンの皆様、おめでとうございます。この展開は予想出来なかったかもしれませんが、得てして明日の決勝戦はトヨタ系列による愛知ダービー頂
『バレーボール夜話 Vol.418 青、赤、白の愛知頂上決戦。』の画像

舞台を変えて、ここは大田区総合体育館。久光の6連覇が潰え、リーグの行方を占う4チームが勝ち残った。地元のNECを除き、全て天皇杯・皇后杯の優勝経験チーム。ここで弾みをつけて、来年の逆転Vに望みを繋げたい。冬の日本一を懸けた争い。いよいよ佳境に入る。決勝戦に駒を
『Weekly Volleyball 天皇杯・皇后杯 準決勝』の画像

スポーツ選手は面構えも大事だ。顔に締まりがないと、迫力も出ない。以前は良く、口を真一文字に閉じるという表現が見られたが、やはりここぞという時の勝負では、知らず知らずのうちにそうなっている。例えば、コートでも笑顔を絶やさない木村沙織さんも、ここぞという時の
『バレーボール夜話 Vol.417 面構え』の画像

今年も年の瀬が迫ってきました。天皇杯・皇后杯の準決勝、決勝を控える最中ではありますが、バレーボール観戦のあるあるトークと題しまして、実体験に基づくお話を進めたいと思います。まず、観戦編あるある。せっかく高いお金を出しても、やたら狭かったり椅子が固かったり
『バレートーーク!⑧ 観戦あるあるトーク①』の画像

久しぶりに行き付けの蕎麦屋に立ち寄った。頼みもしないのにネギを盛りだくさんにしてくれるのが有難い。ネギがどうこういうより、その心遣いが嬉しい。また、暖簾をくぐる時がまた良い。日本の良さを思わせる。情感がある。その時ふと、珍しく見た時代劇のワンシーンを思い
『バレーボール夜話 Vol.416 リスペクト』の画像

今週末が天皇杯・皇后杯の準決勝、決勝戦だが、そろそろ来年のことも意識しなければならない。まず、Vリーグの現状を整理する。・Vプレミアリーグ・順位 1位.久光製薬スプリングス 15勝 勝ち点43(①(ー)) ※ファイナル6進出決定。 2位.JTマーヴェラス11勝4敗 勝ち点33
『Weekly Volleyball 〜特集・オールラウンダー〜』の画像

盆暮れ正月は、何故かスポーツのビッグイベントが目白押し。Vリーグの各チームの選手の皆様も、束の間の正月で、殆ど休みなしというチームも多いかもしれませんね。バレーボールで言えば、天皇杯・皇后杯、全中、そして春高。正月と言えば箱根駅伝。かつて山の神と呼ばれた東
『バレーボール夜話 Vol.415 健脚』の画像

↑このページのトップヘ