彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

更新情報

平素より、当ブログをご愛顧頂き、ありがとうございます。 唐突ですが、こんな諭し方もあるのだと思う、あることがございました。 その出来事により、改めて、自分はそれなりの記事をこなしている自覚が持てました。 そして、低い次元に合わせてしまえば、結局自分も低次元
『バレーボール夜話 Vol.162 バレーの輪』の画像

普段記事にしないことでも、ふと気付くことや 何気に面白いことが結構ある。 このチーム、雰囲気いいな、とか、このチームは笑わないな、とか。 それもチームカラー。 今回特集させて頂くNECレッドロケッツと言えば、言わずと知れた2016/17シーズンの覇者。 まずはチーム
『ファン目線から見たこのチーム  〜NECレッドロケッツ〜』の画像

さあて、これからどうなるバレー界。 バレーボールは全日本が頂点のピラミッドのようなもので、全日本の人事が最優先されます。 ボクシングでいうヘビー級のようなもので、他の階級に比べファイトマネーも注目度合いが違います。 全日本もシニアやジュニア、ユースなどに階
『バレーボール夜話 Vol.161 コールとベスメン』の画像

※記載の内容はフィクションです。 「やったぁ! 今日はステーキ、ステーキ」 「ママ、やったよ」 「良い子ね、後で千歳飴あげるからね」 「えーと、昨日のご飯代、確か払ったよね」 「お嬢さん、ワルツを一緒に」 「アスさん、ちょっと痛い…」 「パ
『踊る大バレーボーラー 3rd season』の画像

先日行われたオールスター戦で、選手の印象が変わった人は多いことでしょう。 正直やる前は、チケットが割と残っていて、価格的に高く、どうなんだろうという部分もありました。 まだ、DAZN版はちらっとしか見ていませんが、あの試合に関しては、会場で観戦したほうが圧
『バレーボール夜話 Vol.160 縮まった壁』の画像

2014世界バレー。 第一戦のアゼルバイジャン戦。 石田瑞穂選手のサーブが走り、第一セット8ー0というこの上ない楽勝ムードの試合から一転、衝撃が走った。 弾丸のようなジャンプサーブ、そして二階から打ち下ろされるような強烈なスパイク。 サーブが早くアウトになって
『月刊シリーズ別冊  蒼い瞳のサムライ ポリーナ・ラヒモワ選手』の画像

世の中は不思議。 今日の帰り、富ヶ谷の歩道橋で何かのドラマのロケをやってました。 ちらっと女優さんらしき人を見ましたが、なんの感動も沸かなかった。どうもミーハーなことには興味がないみたいです。 バレーボールの会場に脚を運んでも、出待ちとか興味ないですし、
『バレーボール夜話 Vol.159 不思議』の画像

週末のオールスター戦で完全オフとなったVリーグ。 ともあれチーム、選手の皆様、お疲れ様でした。 盛況のまま終わったオールスター戦。 本大会はある程度ガチ試合にするのか、アトラクション的にするのか、試行錯誤的な部分がありましたが、結果としてアトラク
『Weekly Volleyball  〜来季に向けて!〜』の画像

昨日、オールスター戦が終わった後、すぐに日帰り温泉に直行しました。 お昼食べてなかったし、朝はやかったので、浮き世を忘れてリラックスしました。 お風呂は最高です。 当初、泊まりも考えたのですが、空いてるお部屋が喫煙だったので見おくりました。 その昔はヘビ
『バレーボール夜話 Vol.158 これから』の画像

昨日行われましたVリーグオールスター戦。 筆者も僭越ながら会場に脚を運びました。 では、そのワンシーンずつつたない写真とともに振り返ってみます。 会場となったのは深谷ビックタートル。 筆者は車で移動したのですが、まだ新しくて綺麗な建物です。 大きさは大
『Weekly Volleyball別冊 写真で綴る2016/17 Vリーグオールスター戦 チャレンジリーグⅠ・Ⅱ編』の画像

何て言うか、色々なことがありすぎたオールスター戦。 正直、様々な感想があるのですが、本稿では説明しきれない部分もあるので、ザックリ要点だけまとめて記載したいと思います。 ※オールスター戦は別途特集を組みますので、そちらをご高覧下さい。 第一部と言うか
『バレーボール夜話 Vol.157  Hello,goodbye』の画像

この試合は公式戦ではない。 アトラクション、それもファン垂涎のアトラクション。 勝ち負けが大事なのではない。 ファンも、選手も楽しむ試合。 そんな試合が年に何回かあっていい。 勿論、やるからには勝つ。 そのつもりだろうけど、そんなことよりもっと大事なことがあ
『Weekly Volleyball 2016/17 Vリーグオールスター戦』の画像

バレーボールは夢の国だ。 毎日色々な話題がある。 キース・リチャーズが初めてアメリカに行った時、これと同じような感想を漏らした。 何にも話題のない日が殆どない。 あってもなくても更新しているのだけど(笑) 今日、Vリーグアワードが発表され、明日のオールスタ
『バレーボール夜話 Vol.156 拡散』の画像

2016/17シーズン。 VプレミアリーグのチャンピオンチームはNECレッドロケッツ。 チャレンジリーグⅠのチャンピオンチームはデンソーエアリービーズ。 チャレンジリーグⅡのチャンピオンチームはトヨタ自動車ヴァルキューレ。 それぞれのチームが栄誉に輝きました。
『Weekly Volleyball別冊 2016/17 Vリーグアワード』の画像

平素より「彼女はバレーボーラー」をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 予定通りであれば、今週末以降、活動のメインを「全日本女子バレーボールの今日、そして明日 ~東京オリンピック編~」へ移行する予定だったのですが、事情により変更を余儀なくされました。
『今後の更新予定について』の画像

結構、思い切った人事となった全日本メンバー。 本当に時代は変わったんだなあ、と実感する次第。 変わっていないようで大きく変わった全日本。 賛否両論あるとは思いますが、たまには普段言わない部分も含め、この記事を綴ってみます。 セッターとキャプテン
『バレーボール夜話 Vol.155 不安と期待、そして…。』の画像

いよいよ全日本のメンバー発表がありました。 選出メンバーは → 2017年全日本始動 を参照して下さい。 ※写真は2016年当時のもの。 今回の人事でリサナナこと新鍋理沙選手と岩坂名奈選手が全日本に帰ってきました。 そして、大野果奈選手、野本梨佳選
『嵐の船出、新生全日本』の画像

2016/17Vリーグシーズンを終え、各チーム、選手の皆様、シーズンお疲れ様でした。 ファンの皆様におかれましては、今週末のオールスター戦並びに全日本のシーズン、黒鷲旗、世界クラブ選手権へ思いを馳せていることと存じます。 そこで本稿では、今年1年でブレイクし
『当ブログ限定 2016/17 ベストオブニューヒロイン チャレンジリーグⅡ編』の画像

サオリンこと木村沙織選手の引退発表が正式に行われました。 写真見て貰えれば分かりますが、東レのチームメイトの皆さんが穏やかな表情してます。 何て言うか、本人もみんなも分かってはいるんだろうけど、遂に来たな、という印象があります。 最後に涙が出たのは恐らく
『バレーボール夜話 Vol.154  葛藤』の画像

2016/17Vリーグシーズンを終え、各チーム、選手の皆様、シーズンお疲れ様でした。 ファンの皆様におかれましては、今週末のオールスター戦並びに全日本のシーズン、黒鷲旗、世界クラブ選手権へ思いを馳せていることと存じます。 そこで本稿では、今年1年でブレイクし
『当ブログ限定 2016/17 ベストオブニューヒロイン チャレンジリーグⅠ編』の画像

今の時期は何かと見えないことが多い。 全日本女子バレーボールの人事。 先送りになっていたスーパーリーグ問題。 週末にはオールスター戦が開催される中、何もかもが「不透明」。 実は、この待たされる時期が一番楽しいのかもしれない。 そう、夏休みを待つ子供の心境
『バレーボール夜話 Vol.153 不透明』の画像

バレーボールは流れのスポーツという。 試合の主導権をどちらが握るかで勝ち負けに繋がったりする。 球技は得てしてその傾向があり、野球だと投手戦だったのが、どちらかが先制点をあげた途端、裏にすぐ点が入ったりする。 端から見ると、奇妙な感じかする。 良く眞鍋政義
『バレーボール夜話 Vol.152 心理戦』の画像

勝負事には強者と弱者が存在する。 これは勝負事である限りの宿命。 問題はそこからだ。 軌道修正が上手く行ったチーム。 そうでなかったチーム。 そのいずれの明暗が分かれた。 あの久光製薬スプリングスですら 外国人選手を解禁した。 それぐらいリーグのレベルは上がっ
『Weekly Volleyball 2016/17 Vプレミアリーグ総集編②』の画像

↑このページのトップヘ