彼女はバレーボーラー

どこから見ても、普通の女の子。 ちょっとだけ身長が大きいだけ。 いいえ、彼女は女子バレーボーラーなのです。

彼女はバレーボーラー イメージ画像

更新情報

普段記事にしないことでも、ふと気付くことや 何気に面白いことが結構ある。 このチーム、雰囲気いいな、とか、このチームは笑わないな、とか。 それもチームカラー。 開幕当初こそ良かったものの、大きな補強らしい補強もなく、苦戦のまま終わったこのチームは捲土重来を
『ファン目線で見たこのチーム 〜岡山シーガルズ〜』の画像

昨年来でVリーグ各チームの反発にあい、頓挫していたスーパーリーグ構想。 この度、Vリーグ機構より一連の問題に関する回答が発表された。 結論から言えば、先送りである。 「一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)では、トップリーグとしての日本バレ
『バレーボール夜話 Vol.190 先送り、そしていよいよ』の画像

いよいよ全貌が明らかとなってきた世界クラブ選手権。出場全チームが出揃い、きたる5/9~5/14、グリーンアリーナ神戸にて待望の日本開催となる。 では、世界クラブ選手権の全貌を2回に分けて特集する。 ・開催期間 2017年5月9日(火)~5月14日(日) ※5月11日(木)は
『特集:世界クラブ選手権① 日本チーム登録メンバー』の画像

※内容はフィクションです。 あなた、この国に永住していいですよ。 「やべー、何にも選手交代してないのに勝っちゃったよ」 「そ、そうっすね」 手を上げて横断歩道を渡ろうね。 「落としたら罰金すよ」、「えー、マジ?」 「お客さん、かゆいところはあ
『行列の出来るバレーボール』の画像

バレーボール夜話の第一回でも触れましたが、 バレーボールの試合は概ねストレート決着でも1試合あたり1時間半ぐらいです。 ボールに触れる時間は一人あたり5分半ぐらいだそうです。 全ての準備は、その5分半のため、と言ってよいでしょう。そのために厳しい練習をこなし
『バレーボール夜話 Vol.190 2分30秒の勝負』の画像

黒鷲旗を目の前に、少しずつざわざわし始めたバレー界。 全体の片隅でこんな記事があった。 山口県防府市は30日、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいて、セルビア男女バレーボールチームが合宿する「ホストタウン」の申請書を政府に提出したことを明らか
『バレーボール夜話 Vol.189 友好とライバル』の画像

毎日ブログを更新していて気づくことは、おおよその場合、選手それぞれにファンが付いている、ということです。 勿論、人気と言っても、男女それぞれに違いがあり、「男性人気の高い選手」、「女性人気の高い選手」など意見の分かれるところなのですが、この前のオールスタ
『今を生きる、V④コートの華編〜チャレンジリーグ編〜』の画像

今日、ツイッターのタイムラインで入院中の方がリハビリ中の長岡選手と記念撮影してる写真を拝見しました。 どういう状況かまでは存じませんが、元気そうで何よりです。 正直、安心しました。 まだ、全日本の試合に出れるかどうかはしばらく掛かるかもしれませんが、出
『バレーボール夜話 Vol.188 頑張れ、長岡望悠選手』の画像

2016/17シーズン。 久光製薬スプリングスはフルタイムで外国人選手を投入した。 この数年、助っ人外国人選手はいたものの、あくまでリザーブ選手。セルビアのエース、ブランキッツア・ミハイロビッチ選手ですらリザーブ選手。 そんな久光も全体のレベルが上がっていること
『月刊シリーズ別冊 ストイックな助っ人 マヤ・トカルスカ選手』の画像

先日、ツイッターでオムライスがなくならないことに幸せを感じる、とツイートしました。 オムライスは昭和の原風景みたいなメニューです。 昔は洋食屋さんのような、ラーメン屋さんのような、定食屋さんとも違う料理店が沢山ありました。 そう、ドライブインみたいな。
『バレーボール夜話 Vol.187 原点回帰と根性』の画像

嵐の前の静けさそのもののバレー界。 大きな動きは少なく、相変わらず動きがあるのは大学バレーぐらいのもの。 あとは終始一貫、人事などの話題のみ。 バレーファンにとって退屈だった4月がようやく終わり、いよいよ春のオールスター戦、黒鷲旗大会、世界クラブ選手権が近
『Weekly Volleyball 4/24〜 特集:ザ・ゴールデンカード』の画像

世の中には常識に掛かってしまう人と、そうでない人の二通りある。 常識に掛かってしまう人は、得てして誰かが決めた定石に則り、それを規範とする。 それはそれで大事なことなのだが、方法が行き詰まった時、他の方法を考える視野があまりなかったりする。 一方、常識に掛
『バレーボール夜話Vol.186 新しいセッター起用法』の画像

普段記事にしないことでも、ふと気付くことや 何気に面白いことが結構ある。 このチーム、雰囲気いいな、とか、このチームは笑わないな、とか。 それもチームカラー。 今季、どん底から這い上がり、ギリギリまでファイナル3進出に望みを繋いだのはこのチーム。 かつて3連
『ファン目線から見たこのチーム 〜東レアローズ〜』の画像

サオリンこと、木村沙織選手が引退して、まだ1ヶ月が経過していないが、彼女がコートを去った感がまるで湧かない。 何故だろう? それは、ブログやInstagramでいつでもサオリンに会える。 こまめにライブ配信などもやってくれる。 そこには愛犬とたわむれるサオリンの
『バレーボール夜話 Vol.185 サオリンはサオリンのまま』の画像

※OGを足してしまうときりがないので、現役のみにします。 バレーボール選手の多くは「名門校」出身です。 全国には数多くの名門校がありますが、その多くは優勝候補として名を連ね、その中の一校が高校三冠(春高、インターハイ、国体)の頂点に名を連ねます。 特に春
『古川だよ、全員集合 〜そうです私が古川です〜』の画像

価値とは突然崩れるものだ。 そもそも価値とは人間が勝手に付けるもので、見る人が見ると、何の価値もないガラクタだ。 数年前、長野県の真田宝物館というところに行った時のことだ。 近年の真田丸ブームよりずっと前だから、宝物館は割と閑散としていた。東京の博物館と
『バレーボール夜話 Vol.184 全日本を下から突き上げる』の画像

先のチャレンジマッチにて、PFUブルーキャッツとの対戦を制し、わずか一年にてVプレミアリーグ復帰を果たした上尾メディックス。 現在のVリーグは10強と言われる。 Vプレミアリーグの8チームに加え、チャレンジリーグⅠの上位2チーム。 厳密に言えば、今季のVプレミアリ
『チャレンジ! Vプレミアリーグ復帰に向けて 〜上尾メディックス〜』の画像

いよいよ東京オリンピックに向けての動きが顕著だ。 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は17日、各国オリンピック委員会(NOC)に対して大会概要を説明する「NOCビジット」を開き、日本の競技団体に初めて説明会を行った。場所は選手村整備地である
『バレーボール夜話 Vol.183 動向』の画像

毎日ブログを更新していて気づくことは、おおよその場合、選手それぞれにファンが付いている、ということです。 勿論、人気と言っても、男女それぞれに違いがあり、「男性人気の高い選手」、「女性人気の高い選手」など意見の分かれるところなのですが、この前のオールスタ
『今を生きる、V③ コートの華編 〜Vプレミアリーグ編〜』の画像

毎週水曜日は、Vリーグ機構から移籍公示リストと追加登録選手・スタッフ一覧が更新される日です。 内心ドキドキしながら毎週見ていますが、とりあえず今週はなし、と胸を撫で下ろす次第。 正直、気持ちはダウトの心境。 ところで、迫田さおり選手のインタビューがバレーボ
『バレーボール夜話 Vol.182 迫田さおり選手の今日、そして明日。』の画像

石田選手は苦労人である。 いく先々で波乱万丈な人生を歩み そして、今ここにいる。 来季は再び、Vプレミアリーグ。 そこへたどり着いたのも 石田選手のたゆまぬ努力と 忍耐強さから。 かつて世界ジュニア選手権で活躍した少女は いつのまにかキャリア十分のベテランとな
『月刊シリーズ別冊 信念のバレーボーラー 石田瑞穂選手』の画像

※以外の文章は全て「If(もし)」でお考え下さい。 今まで、Vリーグの各チームを応援している方の中で、「このチームだけいい選手が集まり過ぎている」とか、「選手層が厚すぎて、チャンスが貰えず可哀想」と思われた方は少なからずいらしたと思います。 ただ、Vリーグは
『バレーボール夜話 Vol.181 もしも、プロ化が進んだらどうなるか?』の画像

このところ、新チームの創設に伴う引退選手の復活が増え、バレーボール選手の活躍の幅が広がりつつある。 こうした動きが顕著になるのは良いことだ。 日本では引退、結婚でバレーキャリアが終了するケースが多いが、世界では決して珍しくない。確か2013年のグラチャンでロシ
『特集:バレーボールの未来を考える③ 育成と連携。』の画像

2016/17シーズンでは、サオリンこと木村沙織選手の引退ということで、Vプレミアリーグで一目見ようと、足しげく会場に脚を運んだファンの方が多かったですね。 その甲斐もあり、今季のVリーグはいつになく盛況だった気がします。 Vリーグの人気が出るとバレー界も潤い、
『バレーボール夜話 Vol.180 メディア露出』の画像

春が一気に押し寄せた感のあるこの週末。 完全な谷間の時期のバレー界。 大学の地区リーグなどが実施されてはいるものの、シニア以上は次なる大会に備える時期。 これまで、全日本の活動がVリーグ終了後すぐであっただけにいささか退屈というか、手持ちぶさたな方も多いこ
『Weekly Volleyball 4/17〜』の画像

↑このページのトップヘ